人気ブログランキング |

フローリストいちくん ichikunkun.exblog.jp

いちくんとマロンとチロルとふうちゃんと楽しむビーズフラワー生活


by miyuki&ichikun
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

四季シリーズ 春

d0152937_16252845.jpg

d0152937_16252847.jpg

今月のビーズ刺繍教室は
自分で考えるパターンだった。

テーマは『春』
自分の思う春の色、春のデザインを作る。

お昼に食べたパスタが胸焼けしちゃって
あんまりヒラメキがなくて
そんなに気に入っていない。
やっぱりサンドウィッチにすればよかったな…

この先『夏』『秋』『冬』と続くらしい。

自分で考えて製作するなら、家でゆっくり作業したほうがいいかな
とか思ってしまうのでした。
どうしようかな~

なんか全部パスタのせいな気がする。
苦しい~。



# by ichikun-kun | 2019-04-20 16:25 | Trackback | Comments(0)

楽しいよね

d0152937_23043004.jpg

少し前に会話をした職場の人。
休みの日は何してる?とか、ほんと初対面的な自己紹介的な浅い会話を少ししたんだけど
猫を飼っていることを伝えたら

『へぇ~、猫と寂しく暮らしてるってわけか』って言われた。

なんじゃそりゃ?

ずいぶん失礼な言い方だな、と思ったけど
きっと悪気はなくて、でもだからこそ純粋に感覚あわねーな、と思った。

寂しい生活をしている、という猫の飼い主を私は知らない。
幸せか、楽しいか、忙しい、という飼い主しか知らない。

だから想像もしていなかったけれど、私は寂しい生活をしているのか?
少なくとも、その人にはそう思われているみたいだ。

だいたい通常、
ボンヤリしているせいもあるだろうし、若く見られがちなので
ナメられる。

勝手に年下だと思い込んで、偉そうに言ってくる人が多い。

偉そうにしたいなら、どうぞ。
と思う。

そして勝手に、私のほうがずいぶん年上だったと気づいて慌てたりしてる。
何か失礼なこと言わなかったかなー?だって。
年齢に関係なく失礼なことは言うもんじゃないでしょう?
お気をつけあそばせ。

あなたが若く見えるせいで年下だと思っちゃったじゃないか!って
こっちのせいにされるパターンもある。
なんじゃそりゃ?
周りの友達そんなに老けてんの??
猫と暮らして元気もらったほうがいいんじゃないの?


幸せのかたちは人それぞれ。

ゴールデンウィークが見えてきました。
はやくこいこい。







# by ichikun-kun | 2019-04-17 23:04 | いちくん | Trackback | Comments(0)

まだまだ寒いね

d0152937_17281115.jpg

d0152937_17281288.jpg

d0152937_17281279.jpg

晴れてはいるけど、窓を開けようとは思わない。
まだまだ寒いね。

うーちゃん、楽しそうに転がってるけど
そこ私の枕だからね。
きっと平日も昼寝は枕でされてるんだろう、と思います。

休みの日、片付けたい場所はいっぱいあるけど
とりあえず新しいお財布にBOUM!BOUM!BOUM!のキーホルダーつけたり
NAKAMAキーホルダーをキーホルダーとして使用したり。




# by ichikun-kun | 2019-04-14 17:28 | Trackback | Comments(0)

通じるから

d0152937_14035986.jpg

最近はリキッドのご飯を少し温めて食べるのが気に入っていて
そろそろ自分のご飯くらい準備できるんじゃないかな?
と思って
電子レンジの使い方を説明しながら作ります。

ダイヤル回すのがちょっと難しいのかな。

自分でバクバク食べる日と
食べさせてもらわなきゃ食べない日と
カリカリがいい日
ウェットがいい日
リキッドじゃなきゃイヤな日
すっかり気まぐれマロン。





# by ichikun-kun | 2019-04-13 14:03 | Trackback | Comments(0)

BOUM! BOUM! BOUM! とマグロ

d0152937_23364835.jpg

お友達を誘って、慎吾ちゃんの個展へ行ってきました。

猫の器のうどん屋さん行ったり
豊洲市場をのぞきも見出来たり。

私より友達のほうが、心に響くものが大きかったみたいで、えらく感動をしていてビックリするくらい。
その感想をすべて慎吾ちゃんに届けてあげたい、と思うくらい。
きっと慎吾ちゃんはそういう風にしたかったんだと思う、というようなことをずっと嬉しそうに話してくれました。

本人が居るわけでもないし、歌ったり踊ったりしているわけじゃないのに
慎吾ちゃんからの愛を感じたんだって。
すごく愛されている感じだって。
お部屋というかアトリエに遊びに行って、ずっと一緒に過ごした感じだって。
あの鼓動のせいかなぁ。
うっとり密着してたもんなぁ。
ず~っとふわふわ~~って幸せそうに語っていたっけ。

誘ってよかったなぁ。
いいことしたなぁ。なあんて。


私は、やっぱり白もほしいな~って思っていたTシャツ買えた。

またしっかり充実した休みを過ごしてしまった。
あー楽しかった!


# by ichikun-kun | 2019-04-11 23:36 | Trackback | Comments(0)